上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
藤沢周平作品の連作短編集である
『三屋清左衛門残日録』です。

わたしは知らなかったのですが、調べてみると
NHKでドラマになり、放映されていたようです。

先代の殿様の代替わりに伴い、隠居した清左衛門の
その隠居した日々を描いた作品集です。
三屋清左衛門は側用人として活躍していたために、
周りから頼られ、そして、藩の派閥争いに
ある種超然とした存在として関わっていくことになります。

一つ一つの作品はそんなに長くなくて、
空き時間などに少しずつ読むには、重宝するのではないでしょうか。
内容も一つ一つの短編作品に幅があって、しかも非常に面白いので
今後も何度も繰り返し読むことになりそうです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/590-27209420
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。