上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
塩野七生作品の『わが友マキャヴェッリ』です。
この本は、以前から読みたかったのですが
やっと入手でき、一気に読みました。

この作品にはいる前に、メディチ家関連の本数冊や
同じ著者の『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』などの
関連作で予習をしてから、取り掛かりました。

小説には分類できないような、評伝のような作品です。

1は官僚になるまで、2は官僚時代、3は失脚から晩年までという
構成になっていて、思ったよりは読みやすかったです。
マキャヴェッリの作品は有名ですが、(ま、『君主論』とか読んでませんが。)
人物像は意外と面白いというか、振れ幅があるというか
かなり多面的な印象を持ちました。
それは、人間なら当たり前かもしれませんが。

読んでみたらわかりますが、
ロレンツォ・イル・マニフィコなどメディチ家やフィレンツェに
かなり興味が出てくることと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/589-9acbd70f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。