FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮本昌孝作品の『家康、死す』です。
好きな作家の作品なので、非常に期待していました。

家康替え玉説は、他にもたくさんありますが、
この作品では、三河統一とともに
家康が入れ替わることになります。
この替え玉を支えていくのは、
世良田次郎三郎です。
誰に本物が殺されてしまったのか
すこしミステリーチックに話は展開していきます。

『影武者徳川家康』の世良田二郎三郎を
彷彿とさせるというか、一字違いなだけですが、
隆慶一郎にはさすがの宮本昌孝も
太刀打ちできない感が残りました。

この作品自体がつまらないというわけではないです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/585-55e01a17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。