上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.03.10 『忍びの国』
和田竜作品の『忍びの国』です。

天正伊賀の乱を題材に取った作品です。
天正伊賀の乱には第1次と第2次があるようで
この『忍びの国』は第1次のほうだそうです。
つまり、伊賀の国が織田軍を追い返したところで
話が終わるというわけでございます。

主人公は忍びの達人、無門。
怠け者で、お金に目がないという設定です。
そして織田軍を率いるのは、織田信雄。
その補佐をする柘植三郎佐衛門、
日置大膳、長野左京亮の3人が
伊賀の国攻略に向かってきます。

結束力に乏しい伊賀の国は
どうやって織田軍を追い返すことができたか、
無門の恋の行方とともに進んでいきます。

エンターテインメント性あふれる作品です。
読んでいて時間を忘れました。
ラストもなかなか凝っていて考えさせられますよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/572-003bfaaf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。