上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『金沢城嵐の間』は安部龍太郎作品の
短編集です。

『残された男』
『伊賀越えの道』
『義によって』
『金沢城嵐の間』
『萩城の石』
『生きすぎたりや』

以上の6つの作品が収められています。

それぞれ、窮地に陥った武士たちが
どのようにふるまったのか、
難関を乗り越えようとする意志みたいなものが
テーマになった作品が多いです。

文春文庫の解説にもあるのですが、
ラストがブツッと終わって
幕切れになっている話もいくつかあり、
それが余韻となっているのに特徴があるかな、と思います。

有名、無名の侍たちがどう
生きようとするのか、あるいは
どう死のうとするのか。
緊張感のある作品です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/565-4adcf937
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。