FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊東潤作品の連作短編集
『疾き雲のごとく』です。
北条早雲にゆかりのある人物が
主人公の短編が連なって
早雲の一生が見えてくるという、
重層的な作品です。

『道灌謀殺』
『守護家の馬丁』
『修善寺の菩薩』
『箱根山の守護神』
『稀なる人』
『かわらけ』

なかでも印象に残ったのは、
『守護家の馬丁』でした。

扇谷上杉家の上杉定正の乗馬を
世話する彦三が主人公です。
定正の颯爽たる武士の姿と
それに似つかわしくない頓死。
そして、馬泥棒となった彦三が
早雲に投げかける言葉。

早雲の有名なエピソードを
見事に再構築してあって、
面白い作品になっていると思います。

ほかの短編もそれこそ
太田道灌のような有名人から
お坊さんまでさまざまな語り部が出てきますが、
話がひねってあって、
すぐに読んでしまいました。

司馬遼太郎『箱根の坂』を
読んでから、本作品を読みましたので
比較するのも面白かったですよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/553-b87d9731
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。