FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回宣言していたとおり、
司馬遼太郎作品の『峠』を紹介します。
全3巻という分量で、更新まで時間がかかってしまいました。

幕末の長岡藩で執政を務めた
河井継之助を主人公とした長編です。

陽明学を学び、知行合一を地で行った人物で、
当時としては開明派の考えを持ち、
時勢眼も優れていましたが、
長岡藩の役に立つ武士になることを
唯一の目的として突き進みます。

上巻はおもに、江戸でのこと、そして
備中松山で藩政にあたっていた
山田方谷への師事などが中心で、
中巻は長岡藩に帰ってから活躍、
下巻は新政府軍との戦い
という感じで展開していきます。

初めてこの本を読んだのは高校生のころで
非常な感銘を受けた記憶があります。
読み返してみると、やはり
面白い作品であることは疑いのないところですね。

実際に河井継之助のような個性が
身近にいたとしたら、付き合いにくいでしょうが。
それが「英雄」なのかもしれません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/544-45a63edf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。