上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火坂雅志の剣豪小説集『武蔵と無二斎』です。
戦国時代から江戸時代にかけての
剣豪たちの短編小説が集められています。

『武蔵と無二斎』
『鬼の髪』
『殺活』
『卜伝峰入り』
『一の太刀』
『あばれ絵師』
『柳生殺人刀』

はじめの2作品は宮本武蔵
『殺活』が組みうちの名人竹内久勝、
『卜伝峰入り』は剣豪の塚原卜伝、
『一の太刀』は北畠具教から
秘伝を伝授された大名の田丸直昌、
『あばれ絵師』は斎藤利三との
友情を交わした海北友松、
最後の作品は、柳生源之丞というように
それぞれのエピソードに
剣士たちの姿が描かれています。

このなかでは、『一の太刀』がいちおしです。
小大名の悲哀や剣豪であることと
世渡りのうまさはあまり関係がないこと
そして、正直に生きるための
武士の意地が描かれています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/539-64216c1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。