上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高橋克彦作品『風の陣』から
弓削道鏡との暗闘を描いた【天命篇】
それから【風雲篇】をまとめて紹介します。

【天命篇】では、
藤原仲麻呂を滅亡に追い込んだ
牡鹿嶋足と物部天鈴でしたが、
手を組んでいた弓削道鏡が
上皇の寵愛を利用して、皇位を狙うという
暴挙に出ることになります。

【風雲篇】では、
有名な宇佐八幡事件以後
揺らいできた弓削道鏡の支配に
とどめをさすべく、
嶋足と天鈴が活躍します。
それと同時に、陸奥でも
朝廷と結託しようとする蝦夷が
ぼつぼつ現れ、未然に防いでいきます。

あらすじを述べたところで、
この2冊はおもに弓削道鏡との確執が
メインテーマで、
それに付随して、陸奥での動きも
前の2冊に比べると記述が多くなってきます。

歴史教科書で習ったイメージとは
異なった奈良時代が読める作品ですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/536-b26dd10d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。