上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海音寺潮五郎作品の『大化の改新』です。

タイトルのように、大化の改新だけを
あつかっているわけではなく、
清寧天皇から天武天皇までの時代の作品です。
小説というよりは、歴史書みたいですが
もともと、日本の通史を
何人かの作家が分担して書いたものらしいです。

古代は朝鮮半島との関係を抜きにして
考えることができないほど、国際情勢と
密接にかかわっていますが、
文化の輸入に関しても詳しく書かれてあり
興味深く読みました。

平群真鳥や蘇我蝦夷などにまつわる
天皇家を脅かす存在の記述なども
面白く、なかなかハードな内容でしたが
すぐに読むことができました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/531-0396fb86
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。