上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.02.27 『秋月記』
葉室麟作品の『秋月記』です。

主人公は、冷や飯食いの吉田小四郎です。
間家に養子に入り、頭角を現していきます。
そして、小四郎を取り巻く仲間たち。
幼馴染もいれば、遊学中の江戸で知り合った仲間もいます。
その仲間たちで藩政改革を進めようと
専制をしく、家老宮崎織部の失脚を画策します。

福岡藩の支藩である秋月藩を舞台にしており、
本藩の介入を防いでいたのは、実は
宮崎織部であり、その真実を知った小四郎と
それを知らないかつての仲間たちに亀裂がはしります。

途中でどんでん返しがあるので、
飽きずに読めました。
本藩との暗闘、仲間とのきずな、など
面白要素もたくさんです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/528-e7dfbffe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。