FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山本周五郎作品の中編『柳橋物語・むかしも今も』です。
表題作の2作品が収録されています。

まず、『柳橋物語』。
主人公のおせんにつぎつぎとふりかかる困難の数々。
その困難さを将来を確かめ合った
庄吉への思いで乗り越えていきますが、
誤解が元で恋人にも裏切られてしまいます。

火事、水害、村八分と読むに耐えなくなるくらい
不幸が襲いかかってくるので、
読んでいて非常に苦しいです。
涙なしには読めない作品です。

そして、『むかしも今も』。
鈍重な職人である直吉が
奉公先の娘であるおまきにささげる
一途な思いがせつない作品です。

友情がテーマだった『さぶ』のさぶが
慕情をテーマにするとこの直吉になりますでしょうか。
貧しい同士が助け合いながら
生きていく様子も描かれています。

どちらの作品も興のある作品です。
ハンカチなしには読めません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/527-06c8d28b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。