FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陳舜臣作品の『中国傑物伝』です。

春秋時代から辛亥革命あたりまでの時代にかけて
16人の人物が取り上げられています。
ですので、この本だけで中国史を
ざっと概観できる感じになっています。

五代十国の宰相だった馮道。
主君を何度も替えるたびに、
宰相の位置に登りつめた人物です。
唐滅亡後は混乱を極め、なかなか政権が安定しませんでしたが
そんな中にあって、馮道は
どの主君からも信頼されたということで、
傑物に違いありません。
ただ、後世の評価はあまり良くないようですが
作者は、人民を守るプロだったのではないか、との評です。

中国の人物と言っても、
なかなか身近に感じられないかもしれませんが、
面白い評伝ではないかな、と思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/521-8f7caa56
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。