FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火坂雅志作品の『太平記鬼伝』です。
副題が児島高徳ということで、
南北朝時代の南朝方が中心に描かれています。

しかも、児島高徳で有名な桜の木に
十文字の漢詩を書いたところは、
カットされており、
その後の後醍醐天皇奪還から始まります。

建武新政で論功から外されたり、
湊川の前哨戦でけがを負ったりと
太平記の世界で言う、メインどころから
外されっぱなしな感じもありますが、
逆にそれが真実っぽいです。

山伏勢力を生かして
南朝方に貢献する児島高徳。
裏切りが当たり前の世の中で
一人、節を守り通します。

実のところ、実在さえ疑われているようで
戦前は論争まであったようです。
そんな人物を主人公に据えた
作者の心意気がうかがわれます。

足利、楠木などとは一味違った
側面からの南北朝時代を知りたい人には、
おススメかもしれません。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/503-8dac062c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。