上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面白くて意外に早く読めました。
司馬遼太郎作品の『播磨灘物語』です。

黒田官兵衛が主人公の物語で
黒田家の先祖から書き起こし
天王山の戦いで秀吉が天下を手中に収めるまでを
中心に描かれています。
もともと魅力ある人物ですので
題材にする作家も多いですが。

いつも言うことですが、
多少のしつこさは割り引いても
やはりこの作家の筆力はすごいなぁと思います。
だからこそ人気作家なんですね。

この『播磨灘物語』も信長死後は駆け足です。
黒田官兵衛が前半生では時と場所を得て
知略をつくし、苦難に見舞われると言う波瀾万丈さは
おもしろい物語になっても
秀吉から警戒されて故意に遠ざけられた後半生は
物語になりにくいのかも知れませんね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/364-e9a9300a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。