上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遠藤周作作品の『決戦の時』です。
坂口安吾『信長』と同時代、同テーマの作品です。

正統スタイルのほうの遠藤周作作品なので
面白みを求めるよりは、生真面目さを求めるに
ピッタリな感じで話は進んでいきます。
ただ、この『決戦の時』は西洋やキリスト教が全く絡みません。
この作者の歴史物では珍しい部類だと思われますが、
いかんせん他の作品をあんまり知らないので、
たわごとなのかもしれませんね。
ファンの人、ごめんなさい。

上巻では若年からの信長の孤独や苦悩を通して
四隣の状況を魔王になることで突破しようとしていく
青年君主が描かれていきますが、
下巻では信長の視点から秀吉や川並衆、お市の視点が
増えてきて、酷薄な信長が浮き彫りになってきます。

自分の身内をどれだけ滅ぼすねんという
ラストあたりのお市の反抗がおもしろいのと
川並衆の乱波働きが詳細なのが特徴ではないかと思います。

まじめな小説が好きな人向けだとおもいます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/275-13ccbd31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。