上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
畠中恵作品で人気シリーズ第2弾
『ぬしさまへ』を読みました。

病弱な主人公の一太郎が活躍するだけでなく、
異母兄の松之助のエピソードや
手代の仁吉のエピソードなども添えられて
第2弾ともなると奥行きが出てきたとは
新潮文庫の解説者の言です。

まったくそのとおりで、特に一太郎の兄
松之助のエピソードは、『しゃばけ』のクライマックスシーンを
裏側から描いていることもあって興味深いです。

前にも紹介したように、つるっと読めるのが
良いところでもあります。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ganjigarameman.blog36.fc2.com/tb.php/118-965c408f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。