上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒岩重吾作品の『天の川の太陽』です。

上下巻の2分冊ですが、その1冊が非常に分厚く
読書好きでないと、なかなか勇気がいる分量です。
この時代の黒岩作品群もたくさんあって、
続きで読んでいくと面白いです。
わたしは今回、『中大兄皇子伝』とこの『天の川の太陽』の
衛星的な作品の『剣は古都に燃ゆ』『影刀』を
続きで読んでいます。

大海人皇子と大友皇子があらそったとされる
壬申の乱がテーマです。
あらすじとしては、有間皇子の謀反でっちあげ事件から
大海人皇子の隠忍自重の日々が始まり、
壬申の乱を勝ち抜くまでを追った物語ということになっています。

壬申の乱が突発的に起こったのではなく、
長い雌伏の期間に少しずつ準備を重ねていたという
視点に立っており、大海人皇子の心の葛藤が
主眼になっています。

面白い作品です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。