上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.09.09 『陽炎の旗』
北方謙三作品の『陽炎の旗』です。
この作品は『武王の門』の後日譚となっています。

足利直冬の遺児ながら、周防の大内氏にゆかりの
来海氏に育てられた、来海頼冬。
そして、征西将軍宮の孫である、都竹月王丸。
この二人を軸に、足利義満の時代に
生きた男たちの物語です。

この作品は『武王の門』とその周辺の作品群を
読んでからでないと、分かりにくいかもしれませんが、
逆に関連作品が面白すぎて、
どうしても比較してしまい、辛い点がついてしまいます。
読者のワガママでしょうかね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。