上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.08.04 『波王の秋』
北方謙三作品の『波王の秋』です。

南北朝時代の動乱を
海を舞台に駆け抜けた上松浦党の小四郎。
この小四郎を中心にして、高麗や元など
東アジアのパワーバランスの上に
日本を守るという物語です。

同時代を扱った北方作品はたくさんありますが、
この『波王の秋』は、すこし系統が違っており
おそらくですが、←不勉強ですみません
歴史上の人物があまり出ません。
が、迫力がある作品になっています。

時間を忘れてしまう作品でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。