上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊東潤作品の『山河果てるとも』。
副題は「天正伊賀悲雲録」です。
悲運ではなく悲雲というのが
ミソなのかと思っていますが
結局読み終わっても、わかりませんでした。

伊賀の国が織田軍に攻められるにあたって
伊賀を守ろうとする者、織田軍に通じる者
政略結婚をさせられる者・・・と
色々な登場人物の視点で
物語は進んでいきます。

織田方に通じたものの
次は先頭に立ってかつての仲間を攻めるとか
織田方寄りの意見を持っていたものが
ハラを決めて武器をとっても、
戦局が悪くなってくると
周囲の疑心暗鬼にさらされるとか
戦争の実態が克明に描かれており、
かなりリアルでシリアスな内容です。

それから、
伊賀忍者は出てきません。
それを期待しているとアテが外れます。

重い内容の作品ですが、
人間心理の洞察にすぐれた作品だと思います。
スポンサーサイト
2014.03.10 『忍びの国』
和田竜作品の『忍びの国』です。

天正伊賀の乱を題材に取った作品です。
天正伊賀の乱には第1次と第2次があるようで
この『忍びの国』は第1次のほうだそうです。
つまり、伊賀の国が織田軍を追い返したところで
話が終わるというわけでございます。

主人公は忍びの達人、無門。
怠け者で、お金に目がないという設定です。
そして織田軍を率いるのは、織田信雄。
その補佐をする柘植三郎佐衛門、
日置大膳、長野左京亮の3人が
伊賀の国攻略に向かってきます。

結束力に乏しい伊賀の国は
どうやって織田軍を追い返すことができたか、
無門の恋の行方とともに進んでいきます。

エンターテインメント性あふれる作品です。
読んでいて時間を忘れました。
ラストもなかなか凝っていて考えさせられますよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。