上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの更新となりました。
読書をしていないわけではありませんが、
手持ち在庫はほぼ紹介し終えましたので
また、再読の日々が続いております。

さて、山本周五郎作品の『ひとごろし』です。
10の短編が収められています。

『壺』
『暴風雨の中』
『雪と泥』
『鵜』
『女は同じ物語』
『しゅるしゅる』
『裏の木戸はあいている』
『地蔵』
『改定御定法』
『ひとごろし』

秀作ばかりですべてを紹介できませんが、
こっけいものの『女は同じ物語』や
『しゅるしゅる』『ひとごろし』はやはり面白いです。
それだけではなく、
シリアスな『裏の木戸はあいている』や
『雪と泥』のような作品もあり、
魅力あふれる短編集じゃないかなと思います。

ありきたりの言葉しか書けませんので
ぜひご一読を。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。