上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.11.18 『一所懸命』
岩井三四二作品の『一所懸命』です。
6つの短編を収録した作品集です。

『魚棚小町の婿』
『八風越え』
『一所懸命』
『渡れない川』
『一陽来復』
『となりのお公家さん』

どの作品も戦国時代が題材となっています。
しかし、有名な人物が主人公という
作品はなく、村の「オトナ」や
小領主などが主人公となっている作品がほとんどです。

『一所懸命』と『渡れない川』は
一つのいくさを美濃と尾張の両側から
描いた作品となっていて
なかなか面白い趣向だと思いました。

講談社文庫の解説にもありますが、
中間管理職の悲哀みたいなものが
感じられる作品ばかりであり、
特別ではない誰かにも
それぞれの人生があり、
決断があるというような
テーマが底辺に流れています。
スポンサーサイト
『金沢城嵐の間』は安部龍太郎作品の
短編集です。

『残された男』
『伊賀越えの道』
『義によって』
『金沢城嵐の間』
『萩城の石』
『生きすぎたりや』

以上の6つの作品が収められています。

それぞれ、窮地に陥った武士たちが
どのようにふるまったのか、
難関を乗り越えようとする意志みたいなものが
テーマになった作品が多いです。

文春文庫の解説にもあるのですが、
ラストがブツッと終わって
幕切れになっている話もいくつかあり、
それが余韻となっているのに特徴があるかな、と思います。

有名、無名の侍たちがどう
生きようとするのか、あるいは
どう死のうとするのか。
緊張感のある作品です。
宮本昌孝作品の『天空の陣風』です。
『陣借り平助』の続編で、連作短編集です。

戦国時代に傭兵として活躍したという
魔羅賀平助が主人公です。
続編では、女性に対する「陣借り」で
弱い立場を守っていく話が
いくつも出てきます。

この続編に登場する人物としては
竹中半兵衛、宇佐美定満、山中鹿之介など
メジャーとはいえないまでも、
この時代が好きな人なら知っている武将たちが
登場するのも面白いところではないでしょうか。

そして、作者の出世作『剣豪将軍義輝』にも
関連する人たちも顔を出します。
そういう意味でも、ファンには楽しい
作品ではないでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。