上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐藤雅美作品で戦国武将、蜂須賀小六が主人公の
『樓岸夢一定』です。(ろうのきしゆめいちじょう)と読みます。
「樓岸」は大阪の地名だそうで、
蜂須賀小六が活躍した地です。

なにかと因縁の深い織田信長に
反発心をもつ小六と親友の前野小右衛門は
信長の家来、秀吉に仕えることとなり
秀吉の一代出世の裏方として活躍します。

天下を掌中に収めようとする秀吉は
これまでの功臣をかつての信長のように
平気で棄てるようになり、
小六が死の床で何を思うのか…。
それがタイトルに込められております。

蜂須賀小六を主人公にすることで
「化け物」の信長、「化け物の後継者」の秀吉の
行動を見事に書きあらわしていると思います。

それにしても、秀吉の功績とされている
金ヶ崎の退き口や高松城の水攻めなどは
小六視点なら小六の発想、官兵衛視点なら官兵衛の発想と
主人公になる人物寄りになってしまいますよね。
話し合いで決まったんで、そうなるのでしょうけど。
このあたりが小説の自由さですね。
スポンサーサイト
池波正太郎作品の『英雄にっぽん』です。
たとえば『剣客商売』や『鬼平犯科帳』などと
くらべると少しマイナーな作品かもしれません。

主人公は、戦国時代の武将、山中鹿之介です。
怪力で美丈夫で不屈の精神の持ち主ですが、
毛利元就や織田信長の謀略に
手玉を取られるというある種の滑稽さと悲運。
猪突猛進タイプというだけでは
世の中渡っていけないということでしょうか、
なかなかシビアに描かれています。

山中鹿之介は忠義の塊みたいな感じで
これまでは語られることが多かったそうですが、
池波「鹿之介」は、強烈な自己顕示欲を
突き放したところからみているのが面白いです。
そうした圭角の多い性格が敵を作っているという
見方もうなずけますが、
井の中の蛙的なあつかいがちょっとかわいそうです。
隆慶一郎作品で連作短編集の『柳生非情剣』です。

『慶安御前試合』
『柳枝の剣』
『ぼうふらの剣』
『柳生の鬼』
『跛行の剣』
『逆風の太刀』

剣豪一族である柳生一族の
それぞれの人生を短編小説として仕上げていますが、
基本的には隆慶一郎作品群の世界観が
縦糸となっており、
他作品と併せて読むほうが、いいと思います。

将軍家光の寵童だった柳生友矩を描いた『柳枝の剣』
柳生十兵衛の傲慢が痴呆老人によって打ち砕かれる『柳生の鬼』
といった作品などどれもおもしろいですが、
個人的には柳生石舟斎の長男で
戦争で歩行に障害を負ってしまった柳生新次郎が
ハンデにもかかわらず剣の道を究める『跛行の剣』がお気に入りです。
城山三郎作品で渋沢栄一が主人公の『雄気堂々』です。

幕末、尊王攘夷思想を抱いて
故郷の武蔵、血洗島の仲間たちと
暴発を考えていた栄一が
ひょんなことから、一橋慶喜に仕官することになり、
慶喜が将軍になったことから幕臣になってしまうという
運命のいたずらとしか言いようのない
数奇な運命をたどります。

さらに、パリ留学、新政府仕官
下野した後は、経済界の大物として大成します。
そこには現実的で合理的な考え方ができたことが
大きな要因のようです。

物語自体は、妻である千代が嫁いで
急死するまでの間が、その範囲となっています。
この妻の視点から栄一を見ることによって
多角的に描かれているのも特徴かな、と思います。
『竜馬がゆく』の続きで、後半の5巻から8巻です。
亀山社中を設立し、薩長同盟を成立させ
大政奉還を実現した途端に天へ召されるという
まさに波乱万丈の後半生です。

妻おりょう、千葉道場のさなこ、
福岡のお田鶴様、長崎のお元、など
恋の彩られた人生でもあります。
ていうか、時期によっては3マタくらいいってます。
港ごと街ごとに恋人がいるっていうのも
海に賭けた男ならではなのでしょうか。

この『竜馬がゆく』をバイブルのように
読んでいる人も数多くいますし、
この1冊で、幕末史がわかります。
ということで、この先も語り継がれるくらいの名作だと思います。
読むべし、の一言ですね。
国民的名作といっていいと思います。
司馬遼太郎作品の代表作の一つ『竜馬がゆく』。
わたくしが所持しているのは
もともと古本で、しかももらったものです。
そのうえ何度も読み返しているので
今ではもうぼろぼろになってしまってます。

前半と後半に分けて紹介しますが、
坂本竜馬は死ぬ前の5年ほどに活躍が凝縮されています。
ですから、大仕事というのは後半に集中してます。
そういう意味では逆に、前半はまだ小説っぽいというのか
司馬遼太郎の創作が生き生きしていると思います。

もっとも、この時代は書簡が沢山残っている時代なので
このわたくしのポンコツ頭が創作と思いこんでいるのも
裏付けがあったりするんでしょうね。

千葉道場で塾頭を務め、剣の道を究め、
武市半平太と土佐勤王党を結成する青年時代。
脱藩後に勝海舟と出会い、神戸海軍塾の開設といったところまでが
4巻までの主な出来事です。

本当にミリョクある男ですね、坂本竜馬って。
そのミリョクを十分に引き出しているこの『竜馬がゆく』。
ついつい夜更けまで読んでしまいますので、
この本を手に取るときは、寝不足に注意ですね。
2011.08.13 『天地静大』
山本周五郎作品の『天地静大』、幕末時代の作品です。

東北の小さい藩の藩主の弟、水谷郷臣と
そこの藩士でのちに浪人となる、杉浦透の
2人が主人公です。

尊王攘夷思想や佐幕思想にはとらわれず、
学問の道にすすみたい透と
その立場や昌平黌の学頭を務めているということもあり
それぞれの立場から利用されるという郷臣。
主人公たちをはじめとする小藩の人々が
時代に翻弄される様が描かれます。

郷臣が人間らしく生きていきたいともがく姿を
おそらく作者は描きたかったんでしょうが、
その手法は透の視点や藩士たちの視点
また、透の元恋人で郷臣に好意を持つ房野なほや
町人になった市造などが入ることでかなりひねってあります。
なので、大河のような群像劇にも読めるということになっていて
そういう楽しみ方もできます。
2011.08.09 『新潮記』
山本周五郎の幕末が題材の作品で『新潮記』です。
この『新潮記』は絶版になってから
求めようとしたために、
入手に非常に苦労した思い出があります。
がんじがらめマンが収集していた新潮文庫で
未入手だった最後の山本周五郎作品でした。
そんな思い入れの深い作品でありながら
以前に読んだ内容はほとんど覚えてませんでした。

余談はさておき

主人公は早水秀之進というニヒルな青年です。
高松藩の家老の庶子として生まれたことを
コンプレックスにしていますが、
水戸藩に使いに行き、藤田東湖をはじめとする
人々に触発されて、人間的な成長を遂げるという話です。

人間にとって、何かをやろうとした過程が大切という
メッセージが込められています。
この『新潮記』が書かれた戦時中であっても、
また、『ながい坂』など戦後の作品にも共通するメッセージです。
吉川英治作品の『梅里先生行状記』です。
数ある作品の中で、そんなに名が売れているとは
ちょっと言えないと思います。
代表作と比べると、やはり少々見劣りするようです。

主人公は水戸の黄門さまです。
藩内で私党をくみ何やら企んでいる
家老の藤井紋太夫が
時の寵臣、柳沢吉保と結託していますが、
その動きを一刀両断するというストーリーです。

黄門様お出ましの前に、
黄門様に仕える若い衆たち、
テレビで有名な助さんのモデルとおぼしき佐々介三郎が
活躍するところもあります。
格さんのモデルとおぼしき人物は
渡辺悦之進ですが、テレビでは「渥美格之進」です。

途中、湊川で楠公の碑を建てるくだりがあります。
史実ではあるようですが、
ストーリーの中ではあまり重要でないようなところに
けっこうな紙幅をさいています。
このあたりに戦中で当局の検閲を
意識している感じが出ており、
時代を感じさせてくれます。
長い長いシリーズだった7冊目もようやく完結。
実は、関連する新書なども間に読んでましたので
すべてを読破するまでに1カ月近くかかりました。

最終巻は藤原不比等が中心となって
平城京への遷都、遣唐使の再開、
貨幣制導入(和銅開珎)、大宝律令と
中央集権体制で安定した社会を
強化していく制度が打ち出されていくというなかで
天皇制も確立に向かうというところで
幕が引かれます。

地勢的に言って日本の歴史というのは
範囲を限定しやすいように思ってましたが
この時代は東アジア全体を見渡すと
よりいろんな事がわかるんだな、と思います。

全体的に小説手法なので読みやすいし
入手も簡単なので、高校生くらいからでも
読めるのではないかと思います。
そして、奈良に行ってみたくなるかもしれませんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。