上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隆慶一郎作品を軸にして
安土桃山から江戸にかけての作品をたどっていますが、
もういいかげん食傷気味になってきました。
とかいいつつ、無意味なストイックさで読み終えたのは
火坂雅志作品の『黒衣の宰相』です。

主人公は以心崇伝です。
徳川家のブレーンとして政治の世界を
牛耳っている俗まみれの禅僧です。
こう書くと、悪いやつみたいに思われると思いますが、
この『黒衣の宰相』では、実際に戦乱の世の中を
俗世間の中で変えようとする
悪名を背負いながらも志を持った人物として、
恋と友情を犠牲にしていく姿が描かれます。

物語自体は大阪方の小宰相の局との恋を軸に
僧侶の世界での沢庵、政治の世界での天海といった
ライバルとの争いで傷ついたり、
心を揺らしたりしながら進んでいきますが、
主に大阪の陣までがメインで
家康死後はバタバタと終わってしまいます。
僧侶の関係で言えば、紫衣事件などを
もう少し詳しく描いてもよかったのかな、と思いました。
が、分量が多すぎるようにも思えますし、
悩ましいところですね。

歴史の一断面として読むくらいが
ちょうどいいのではないでしょうか。
スポンサーサイト
現在の軸として作品を読み進めている
隆慶一郎作品『捨て童子・松平忠輝』です。

『影武者徳川家康』の姉妹作品ですので
あんまり時間を空けずに読むと
同じことを違う視点から描いていたり
少し設定を変えてみたりと工夫していることが
よくわかると同時に、
あんまり破綻をきたしていないと感じさせるところも
作者の構想の緻密さですね。

さて、主人公の忠輝は「鬼っ子」として
育てられますが、生来の器用さや明るさが
魅力のスーパーマンとして描かれます。
脇役である雨宮次郎右衛門と才兵衛の
主従が活躍する場面も面白いです。
特に雨宮次郎右衛門は官僚の立場ながら
忠輝擁護に奔走する役回りです。

『影武者徳川家康』のインパクトが強くて
基本的な道具立てが同じなので
『捨て童子・松平忠輝』はどうしても
二番煎じみたいなところがないこともありませんが
独立した作品としても面白いと思います。
私がそうですが、『捨て童子・松平忠輝』を
さきによんでいましたけれども、
十分ノックアウトされてましたからね。
ただ、推すとすれば『影武者徳川家康』と思います。
司馬遼太郎作品です。
中公文庫で、古本屋で105円でした。
ちなみにわたくしがんじがらめマンは文庫読みです。
理由はかさが低くて安いからです。
「なにを今さら」ですね。

表題作である『言い触らし団右衛門』のほか
『岩見重太郎の系図』
『売ろう物語』
『雑賀の舟鉄砲』
『おお、大砲』
の5作品で構成される短編集です。

今追いかけている時代では
『言い触らし団衛門』と『売ろう物語』があてはまります。
『岩見重太郎の系図』も少しかぶっているところがあります。

どの作品もどこか滑稽な感じがする作品たちでした。
しかも、すこし寂しいような感じもしました。
一番印象に残ったのは『おお、大砲』でした。
徳川250年の古ぼけた伝統が儚いです。
まさに「泰山鳴動して鼠一匹」という感じ。

玄人好みの作品集ではないでしょうか。
2009.09.16 『御家の狗』
岳宏一郎の『御家の狗』です。
短編(中編?)が3つ収録された作品集です。

大久保長安を中心にした『胡と(けものへんに賓)』読み方は「とど」
本多正信を中心にした『鷹狩り』
本多正純を中心にした『花ざかりの杏の木』
いずれも徳川幕府草創期を題材にしています。

『とど』(←勝手にひらがなにしています)は
家康と長安との主従関係が
双方ともが持つねじれた感情とともに描かれています。
金、銀をどんどん産出してしまう長安は
吏僚として有能でありながら
指を指せばそこから金銀がわき出てきてしまう
いわばラッキーボーイとして人物造形されてます。
そしてその長安をいいようのない感情で猜疑する家康。
短い作品ですが、権力を握った男の感情が非常に巧みです。

『鷹狩り』は本多正信と大久保忠隣との権力争いが軸です。
この権力争いに家康の秀吉に対する無力感が加わります。

正信の臆病というレッテルに対する屈折した感情、
主に背いた経歴とその間家族を支えてくれた
忠隣の父、忠世の死の間際に感じた劣等感が
秀吉に愛され、部下からも慕われる見事な男、
忠隣の失脚につながっていきます。
この作品も対比が効いていて読み応えがある作品だと感じます。

最後、『花ざかりの杏の木』は
武闘派の福島正則と吏僚派の本多正純との
ほのかに結ばれた友情が秀忠によって壊されていく軌跡を
本多正純の視線からたどった物語です。
定説とは違う視点で描かれているようですね。

3つの作品の中で『花ざかりの杏の木』が若干見劣りするように
わたくしがんじがらめマンは感じましたが
心の動きや言葉にしにくいような屈折した心理描写や
ねたみ、疑い、意地などにもとづく人間の行動など
非常に興味深く読みました。

権力を手にした人物が晩節を汚すということは
よくあることですけれども、ね。
この作品集のタイトルもよく考えられてるなぁと思います。
全三巻を読み終わりました。
再読ですけれども、非常に面白かったです。
ただ、後半はすこしだけ飽き気味でした。
そのせいか、読むペースはかなり落ちてました。

最終巻は大久保長安を中心とする切支丹の陰謀と
大阪冬、夏の陣がメインになっています。
二郎三郎は年をとってきて、倦んでます。
甲斐の六郎は大きな痛手を立ち直りますが
二郎三郎の意向には逆らえず、不完全燃焼。
最終的には、本多正信が秀忠に味方して
敗れてしまうさびしい結末を迎えるわけです。

フィナーレに向かって「滅び」という言葉が目立つようになります。
影武者の役割を終えるまで
悪く言えば悪あがきをするのですが
二郎三郎の夢が壊れるとき、すこしだけですが
北方謙三がフィードバックしました。

繰り返すようですが作者である
隆慶一郎のこの構想力はすごいの一言です。
作品群が一つの軸にそっていろいろな角度から
描かれているわけですから
複眼的なものの見方ができるし、また
未完のままに終わった『見知らぬ海へ』の片鱗が
少しだけですが、『影武者徳川家康』の駿府の活況に
わたくし、がんじがらめマンは見ました。

このような楽しみ方もできるところが面白さの一つだと感じます。
『影武者徳川家康』中巻です。

秀忠と二郎三郎の暗闘がメインになっていて
大御所政治の開始、駿府築城、秀康・忠吉の死
忠輝との関係というように話が進んでいきまして
裏柳生と風魔との戦いが見どころになっていると思います。

特に風魔一族と甲斐の六郎とのつながりのストーリー展開や
島左近と柳生兵庫のあたりなどは本当にワクワクしますね。

それと、中巻を読むとどうしても『捨て童子松平忠輝』を
読まなくては、なんて思っちゃいます。
また、大久保長安や本多正純に関連しては
岳宏一郎の『御家の狗』なんていう作品も読みたくなりますし
まだ未読ですが、宮本昌孝の『風魔』もリストアップしている
がんじがらめマンです。
というようにして繰り返すようですが
隆慶一郎作品を軸にしていきたいな、と思っています。

ただ、飽きっぽい性格のわたくしなので
どうなることやら?です。
隆慶一郎の名作です。
名作すぎてたくさんの方がいろいろな場面で
評価をされていると思います。
三分冊の上巻から紹介したいと思います。

島左近の命令を受けた元武田忍びの
甲斐の六郎が関ヶ原の際に徳川家康の暗殺に
成功するところから物語が始まります。
暗殺は成功しますが、影武者であった
世良田二郎三郎が関ヶ原で采配をふるい勝利に導きます。
それから期限付きで本物の徳川家康としての
人生を歩み始めます。
上巻では征夷大将軍になるところまでです。

まず、影武者が本物になってしまうという発想が面白いうえに
死んだはずの島左近が、暗殺の首謀者にもかかわらず
協力者として二郎三郎とともに秀頼を守る、とか
秀忠が冷酷で残虐な人物である、とか
とにかく、発想がずば抜けているのに、
設定やストーリーに不思議さを
あんまり感じさせないところがすごいです。

この上巻では二郎三郎の経歴や協力者である
甲斐の六郎、島左近、風魔一族などや
秀忠との確執の始まりが描かれていきます。

とにかく読み出したらノンストップになりますので
秋の夜長にはぴったりですが、寝不足になることも間違いなし。
盗作疑惑で今は絶版の
池宮彰一郎『島津奔る』です。
よりによって大人気作家の『関ヶ原』を
盗作してしまうなんて、度胸が違います。
それから、盗作なんじゃないかって気がついた人は
すごい目を持ってると思います。
賞を取るまでの作品ですから、たくさんの人が読んで
気がつかなかったんですからね。

さて、疑惑は疑惑としてこの作品は
朝鮮戦役から関ヶ原までの
島津義弘の行動を描いたものです。
特に、関ヶ原に関することは非常に詳細で
ちょっと冗長かな、と思ってしまいました。
また、登場人物の家康、三成、毛利家、小早川秀秋、などの
評価がめちゃんこ辛口で島津義弘ばっかり
持ち上げられるのが少しハナにつきます。

しかし、ストーリーは非常に興味深くて
クライマックスは一気呵成に読んでしまいました。
司馬遼太郎の『関ヶ原』を読んだことはありませんが、
この『島津奔る』で十分おもしろいのではないかな、とおもいます。
といったところで絶版なんですけどね。
安部龍太郎『生きて候』です。

主人公は本多正信の二男の本多政重です。
徳川家を出奔して前田、宇喜多、上杉と
主を次々に替えた人物です。

前田慶次郎にかかわる本を読んでいるうちに
この『生きて候』を思い出しました。
なぜなのかはわかりませんが
朝鮮戦役や関ヶ原に関連したからだと思います。
また、馬と友達だったりむちゃくちゃ強かったりと
共通点も容易に探すことができます。

本多政重は加賀の一向一揆の渦中で育ち
本人自身は武辺者ですが戦争反対論者として
朝鮮への討ち入りをやめさせようと奔走したり
関ヶ原の戦いでは宇喜多軍に投じて徳川に楯つき
秀家を薩摩に落とすために労をとったりします。

従者は若き宮本武蔵だったり
豪姫との秘めやかな恋なども描かれていますが
これはご愛敬(?)でしょうか。
ラストの大団円は史実なのかどうか知りませんが
ちょっと無理があるかな、と思ってしまいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。