上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『槍持ち佐五平の首』は佐藤雅美短編集です。

『小南市郎兵衛の不覚』
『槍持ち佐五平の首』
『ヨフトホヘル』
『重怨思の祐定』
『身からでた錆』
『見栄は一日恥は百日』
『色でしくじりゃ井上様よ』
『何故一言諌メクレザルヤ』

以上の8つの短編が収録されています。
江戸後期から末期にかけての、
武士の世の中をテーマにした作品群です。
しかもほとんどが意地の張り合い、
いじめ、性格に難のある人などが
重要人物となっています。

文春文庫解説が良いので、解説読んでから読むと
面白いのではないかな、と思います。
スポンサーサイト
本日2回目の更新は、
佐藤雅美作品の『手跡指南神山慎吾』です。

寺子屋の師匠をしている神山慎吾は
豊後にある小さな藩の家老の息子です。
現在の生活に満足しているものの、
周りからの勧めや感情のもつれなどから
心ならずも故郷に帰り
父を失脚させた事件の真相を究明し、
家老復帰を目指すことになります。

協力者と思っていた人の勘違いや
前の殿様のわがままなどで
なかなか思い通りにならない探索など
先が読めない展開となっていて、
なかなか読むのをやめられなくなってしまいます。

当時の寺子屋の様子や
藩政の様子などもわかって、面白い作品です。
佐藤雅美作品の『百助嘘八百物語』です。

ストーリーテラーは、百助の弟子の辰次。
普請場で出会った2人。
非常に頭のまわる百助老人と
こき使われまくって、
ヒーヒー言っている辰次が、
百助の協力者の浪人3人組とともに
次から次とお金もうけを企てます。

得体のしれない百助と3人の浪人の正体や
辰次の江戸っ子気質など
読ませどころがたっぷりです。

文庫解説がまた、非常にわかりやすくて
解説を読んだ後にもう一回読んでみたくなります。
佐藤雅美作品の『信長』です。
この作品は書下ろしのようでして、
文庫には解説がありません。

尾張統一から本能寺の変まで、
信長の生涯を描いた作品です。
作者の特性でしょうが、
あっさり感があります。

とくに、前半の尾張統一が長く書かれていて
管理人としては、面白く感じました。
もともと同族だった、犬山、岩倉などとの
抗争がよくわかります。

このあたり、坂口安吾『信長』と
併せて読むといいかもしれません。
また途中からは、『楼岸夢一定』と
内容が一部重なりますが
同じ作者の作品ですので、想定内です。
突然ですが、気づけばこのブログも
4周年を迎えました。
そろそろ手持ちの文庫も尽きかけており
今後は、仕入れがカギになりそうです。

余談は置いておいて、
佐藤雅美作品の『幕末住友参謀 広瀬宰平』です。
銅山経営で老舗の住友を
幕末動乱期に際して見事に乗り切らせた
広瀬宰平が主人公です。

グラフなどが多用されていて、
ちょっと小説っぽくないところもありますが、
経済の視点から幕末を見るのも
興があるかな、とおもいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。