上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『中国英傑伝』ではほとんど触れられなった
中国の戦国時代を扱った作品から
宮城谷昌光作品の『青雲はるかに』です。

范雎という魏に生まれた大才が
スパイ容疑をかけられて、
便所に落とされてしまうという屈辱を受け、
そこから這い上がって復讐を果たすという
ストーリーです。
まあ、ストーリーというか実話なんですが。

復讐といっても、単に仇を討つというのではなく
秦の国の宰相になって、魏の国を討ち
汚名をかけた当事者を失脚させるという
大変困難な復讐を果たします。

基本的に、この作者の男女の機微に関する文章は
わたしにとっては難しすぎるのですが
この作品はそのような場面が多かったです。
でも、ストーリーがストーリーだけに
非常に楽しく読めました。
スポンサーサイト
楚漢戦争のころを題材とした
5つの短編からなる
宮城谷昌光の短編集『長城のかげ』です。

『逃げる』
『長城のかげ』
『石径の果て』
『風の消長』
『満天の星』

季布、盧綰、陸賈、劉肥、叔孫通と
項羽と劉邦にまつわる人々を
色々な視点で見ることができるのが
面白いのではないかなと思います。

項羽は他人を侮ってしまいがちで
劉邦は天下統一後に猜疑心にさいなまれるということで
人情の移り変わりやすい世の中にあって
5人に共通するのは、
自らを失わなかったことなのかな、と。

短編で読みやすいです。
2012.10.27 『花の歳月』
宮城谷昌光作品の『花の歳月』です。
文庫版で1冊ですが、びっくりするくらい
大きな字のため、実質的には
長編というよりも中編なのかな、と思います。

はなればなれになってしまった
猗房と広国の兄妹が、再会するまでの話。
と書くと味気ないですが、
猗房はのちに漢の文帝と結婚することになる
シンデレラなんです。
そして、広国のほうは姉と別れた後
人攫いに連れ去られてしまいます。

もともと史記にも載っている
感動的なストーリーなのですが、
この作者の筆に乗るとさらに
さわやかさがでて、読後感が非常にいいです。
直木賞受賞作の『夏姫春秋』です、作者は宮城谷昌光。
タイトルに夏姫とありますが、
おもに中国の春秋時代の治乱興亡に
筆が費やされており、夏姫が実際に登場するのは
全体の半分以下です。

夏姫自身は、悪女的なイメージでは
描かれていませんが、
彼女となんらかの関係を持った男たちは
次々と不幸に見舞われていきます。
不幸にならなかったのは、
慎重に接することができた楚の荘王と
夏姫を幸せにすることができた巫臣くらいのもんです。

同じ作者が同時代を描いた作品はたくさんありますので
併せて読むとより理解が深まると思います。
宮城谷昌光作品の『孟夏の太陽』です。
春秋時代の「晋」の国の宰相を何代にもわたって
つとめた趙の一族を描く短編集です。
短編をまとめると趙の一族の
年代記になっているという作りです。

『孟夏の太陽』
『月下の彦士』
『老桃残記』
『隼の城』

ある時は自らの力で乗り越え、
ある時は友人の力を借りて復活
家臣たちの活躍で事なきをえる…
というように、
戦国時代になると「王」を
名乗るようになった一族が
次々と襲いかかる苦難に
どうやって立ち向かっていったのか
というストーリーです。

春秋時代を描く宮城谷昌光作品は多いですし
晋の国の話も多いですから、
併読すると良いかもしれません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。