上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒岩重吾作品の『天の川の太陽』です。

上下巻の2分冊ですが、その1冊が非常に分厚く
読書好きでないと、なかなか勇気がいる分量です。
この時代の黒岩作品群もたくさんあって、
続きで読んでいくと面白いです。
わたしは今回、『中大兄皇子伝』とこの『天の川の太陽』の
衛星的な作品の『剣は古都に燃ゆ』『影刀』を
続きで読んでいます。

大海人皇子と大友皇子があらそったとされる
壬申の乱がテーマです。
あらすじとしては、有間皇子の謀反でっちあげ事件から
大海人皇子の隠忍自重の日々が始まり、
壬申の乱を勝ち抜くまでを追った物語ということになっています。

壬申の乱が突発的に起こったのではなく、
長い雌伏の期間に少しずつ準備を重ねていたという
視点に立っており、大海人皇子の心の葛藤が
主眼になっています。

面白い作品です。
スポンサーサイト
黒岩重吾作品の『磐舟の光芒』です。
蘇我馬子と物部守屋の
廃仏崇仏のあらそいを
おもに物部守屋視点で描いた作品です。

実際、物語は廃仏崇仏の裏に隠された
天皇家の後継争いとして展開していき、
敏達天皇、用明天皇、推古天皇と
続く古代の豪族たちの勢力争いが
浮かび上がってきます。

黒岩重吾作品に共通するのが
国際問題としての東アジア情勢でしょう。
物語の時代は、朝鮮三国の角逐や
隋の勃興前夜ということで、
不安定な情勢が日本にも影響を与えていたという
いかにも説得力のある視点です。
黒岩重吾作品の『天風の彩王 藤原不比等』です。
タイトルのように、奈良時代に活躍した
藤原不比等が主人公の小説です。

鎌足の次男として生まれ、
持統天皇、文武天皇、
元明天皇、元正天皇と4代の天皇に仕え
権勢を奮った人物として有名ですね。

持統天皇に重用され、これまで
蘇我氏が独占してきた外戚の地位を
不比等が確立していく姿と同時に
実際には、権力の座から転落することをおそれ
政敵を次々と失脚させていく姿が描かれます。

このころは皇位継承権が流動的で
すぐに権力抗争につながっていたことが
よくわかりますが、かといって
不比等が皇位継承権を確立させたわけでもなく
平安時代まで骨肉の争いは続きます。
ただ、先にも述べたように
藤原氏が外戚の地位を占めるようになったのは
間違いないところです。

上下2冊のボリュームで読みでのある作品です。
黒岩重吾作品の『中大兄皇子伝』です。
タイトルの通り、天智天皇の生涯を
一人称で語った作品となっています。

大化の改新に情熱を燃やした中大兄皇子ですが、
十分な成果を上げられないままに
国際環境の急変により
白村江の戦に破れてしまい、
その後は失意のうちになくなってしまいます。

このように書いてしまうと身も蓋もありませんけれども
作品中では、中臣鎌子という右腕を得て、
律令国家の樹立を目指した、
恋多き野心家として描かれていきます。

天智天皇伝ではなく、中大兄皇子伝となっているように
乙巳のクーデターに至るまでが面白かったです。
朝鮮半島情勢と隋、唐の動きまでを
よく理解できると古代は面白いですね。
2010.12.27 『影刀』
予告していた通りですけど、
壬申の乱を主に扱った短編集です。
黒岩重吾作品の『影刀』。

『霧の慟哭』
『養老山の龍』
『影刀』
『無声刀』
『別離』
『左大臣の疑惑』
『捕鳥部万の死』

表題作の『影刀』と『無声刀』は連作です。
また、『捕鳥部万の死』のみは、
時代背景が物部と蘇我の
宗教をめぐる争いがあった時代となっています。
聖徳太子が活躍する少し前ですね。

一番の出来は、『別離』だと思います。
大友皇子とその妃であった十市皇女の夫婦仲を描きます。
ぎくしゃくした夫婦仲で
お互いに疎ましく思っている2人が
壬申の乱で心から結ばれるという話です。

他の作品は、壬申の乱に向けての事前工作に
携わる話が多く、『剣は湖都に燃ゆ』とも
通底する作品が多いかなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。