上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
隆慶一郎作品の『死ぬことと見つけたり』です。
この作品も作者の急逝によって
未完の作品となっております。

佐賀鍋島藩の浪人である
斎藤藤杢之助、牛島萬右衛門
そして藩士の中野求馬の三人が
佐賀藩に起こる様々な事件に
巻き込まれるというストーリーです。

『葉隠』の武士道にそった
行動を体現する杢之助、萬右衛門は
自らを「死人」とし、
次々に襲いかかる幕閣の陰謀や
佐賀藩とその支藩の抗争を
取り鎮めていきます。

他の作品群と共通の思想に基づいて
話が展開していくので、
『吉原御免状』なんかの作品と
併せて読むといいのでは、と思います。
スポンサーサイト
隆慶一郎作品の『柳生刺客状』です。
5つの短編で構成されています。

『柳生刺客状』
『張りの吉原』
『狼の眼』
『銚子湊慕情』
『死出の雪』

『銚子湊慕情』については、未完の作品です。
本当に文章の途中で終わっていて、
作者の急逝が偲ばれます。

『柳生刺客状』は『影武者徳川家康』を
読んでいると、より面白いのではないかと思います。
結城秀康の暗殺場面がクライマックスですが
『影武者徳川家康』との違いが面白いかもしれません。

作者の長編も面白いですが、短編でも
読ませてくれます。
隆慶一郎作品の『かぶいて候』です。
他の作品同様、これも未完のまま
作者の急逝を迎えてしまった作品です。

このほか、『異説猿ヶ辻の変』という短編、
エッセイ『幻の吉原』、対談『日本史逆転再逆転』が
収められています。

『かぶいて候』は
将軍家光の小姓だった水野成貞が
自分の家系の謎を追うというものですが、
今から本題、というところで終わっております。
返す返すも残念でございます。

『異説猿ヶ辻の変』は幕末の
過激派公卿、姉小路公知暗殺事件が
題材になった作品です。
謎を追う、土佐藩の土方楠佐衛門が
事件の真相を追っていきます。

隆慶一郎作品の未完作はたくさんあります。
逆に言えば、何本も同時並行で
書いていたんでしょうね。
どれも時が止まったままになっているのが
惜しいですし、かなしい気がしますね。
隆慶一郎作品で連作短編集の『柳生非情剣』です。

『慶安御前試合』
『柳枝の剣』
『ぼうふらの剣』
『柳生の鬼』
『跛行の剣』
『逆風の太刀』

剣豪一族である柳生一族の
それぞれの人生を短編小説として仕上げていますが、
基本的には隆慶一郎作品群の世界観が
縦糸となっており、
他作品と併せて読むほうが、いいと思います。

将軍家光の寵童だった柳生友矩を描いた『柳枝の剣』
柳生十兵衛の傲慢が痴呆老人によって打ち砕かれる『柳生の鬼』
といった作品などどれもおもしろいですが、
個人的には柳生石舟斎の長男で
戦争で歩行に障害を負ってしまった柳生新次郎が
ハンデにもかかわらず剣の道を究める『跛行の剣』がお気に入りです。
『ふたり道三』とは刀工つながりで
隆慶一郎作品の『鬼麿斬人剣』です。

幕末の刀工、山浦清麿が残してしまった
言ってみれば、駄作を折ってしまうために
清麿の弟子鬼麿が、独特の剣法を駆使して
旅をするロードストーリーです。

なんと、がんじがらめマンが住む亀岡が
旅の終着点として設定されております。
そして、忍者とのたたかい、鬼麿の出自が山人であることなど
隆慶一郎作品にはおなじみの設定も多いです。

一時期、江戸からいなくなってしまった師匠と
同じ足跡をたどって刀を折っていくという設定も
正直、「そんな動機づけ??」と思う方も多いと思いますが
職人の誇りとは、そうしたもののようです。

ファンでなければスルーもありかなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。