上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山本周五郎作品の短編集『おごそかな渇き』です。

わたしが所持している山本周五郎作品の
新潮文庫全巻のなかで
『青べか物語』や『季節のない街』などの
現代ものを除けば、
紹介する最後の作品となります。

『蕭々十三年』
『紅梅月毛』
『野分』
『雨あがる』
『かあちゃん』
『将監さまの細みち』
『鶴は帰りぬ』
『あだこ』
『もののけ』
『おごそかな渇き』

以上の10作品が収録されています。

どの作品もおもしろいのですが、
『雨あがる』『かあちゃん』『将監さまの細みち』
『あだこ』『もののけ』あたりが特に好きです。

『野分』や『将監さまの細みち』は
自分だけが幸せになっていいのか、という
庶民の心映えが胸に迫ってきます。
その反面、『鶴は帰りぬ』では
茶屋の娘がいろいろなしがらみを捨てて幸せになる話で
それはそれで、感動します。

とにかくこの短編集では、
下町もの、武家もの、岡場所もの、平安ものなど
いろいろなバリエーションが楽しめると思います。

『おごそかな渇き』は現代もので
しかも作者の絶筆、未完の作品です。
スポンサーサイト
『樅ノ木は残った』は山本周五郎作品です。
NHK大河ドラマにもなったことがある、名作です。

伊達騒動を題材とした長編で、
主人公は原田甲斐です。
幕府の諸藩お取り潰し政策に
果敢に対抗し、悪名を背負いながら死んでいく
感動モノの作品だと思います。

主人公を取り巻く脇役のなかでも
個人的には宮本新八が好みです。
道を踏み迷った挙句に、一念発起
芸人の道へと進んでいきます。
人の弱さ、もろさを体現しているかのようです。

何度も読み返しているこの作品ですが、
違う視点からということで、
海音寺潮五郎作品の『列藩騒動録』と併読しました。
その中で『樅ノ木は残った』の説は採らない、
というようなことが書いてあります。
そのあたりに、山本周五郎の
小説を作る作者としての
アプローチのおもしろさが感じられました。
久しぶりの更新となりました。
読書をしていないわけではありませんが、
手持ち在庫はほぼ紹介し終えましたので
また、再読の日々が続いております。

さて、山本周五郎作品の『ひとごろし』です。
10の短編が収められています。

『壺』
『暴風雨の中』
『雪と泥』
『鵜』
『女は同じ物語』
『しゅるしゅる』
『裏の木戸はあいている』
『地蔵』
『改定御定法』
『ひとごろし』

秀作ばかりですべてを紹介できませんが、
こっけいものの『女は同じ物語』や
『しゅるしゅる』『ひとごろし』はやはり面白いです。
それだけではなく、
シリアスな『裏の木戸はあいている』や
『雪と泥』のような作品もあり、
魅力あふれる短編集じゃないかなと思います。

ありきたりの言葉しか書けませんので
ぜひご一読を。
吉川英治作品の『新編忠臣蔵』です。

「松の廊下」から四十七士切腹までを
オーソドックスに描いた作品で
全体をわかるのには適しているかな、と思います。

討ち入り後のエピソードが
意外に長くて、しかも
どの作品だったか忘れましたが
短編にもなっていたと思います。
(調べろって話ですが)

ということで、あと一作品
忠臣蔵関連を所持していますので
季節外れの忠臣蔵を攻めてみたいと思います。
米村圭伍作品の『退屈姫君 これでおしまい』です。
シリーズの最終作品となっております。

めだか姫のお姉さんたちが
失踪したことが原因で、
菊競べの見物をしたことから
またまた、田沼親子との争いが勃発。

江戸城内でおこなわれる菊競べで
田沼親子をぎゃふんといわせられるのか。
というストーリーです。

謎解きミステリーなどもあって、
エンターテインメントの要素が
一段と濃い内容となっています。

江戸時代は、植物を育てたり
小鳥なんかを育てたりすることが
ずいぶんはやっていたそうで、
そうした時代の雰囲気もうかがえると思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。