上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮本昌孝作品の『家康、死す』です。
好きな作家の作品なので、非常に期待していました。

家康替え玉説は、他にもたくさんありますが、
この作品では、三河統一とともに
家康が入れ替わることになります。
この替え玉を支えていくのは、
世良田次郎三郎です。
誰に本物が殺されてしまったのか
すこしミステリーチックに話は展開していきます。

『影武者徳川家康』の世良田二郎三郎を
彷彿とさせるというか、一字違いなだけですが、
隆慶一郎にはさすがの宮本昌孝も
太刀打ちできない感が残りました。

この作品自体がつまらないというわけではないです。
スポンサーサイト
宮本昌孝作品の『海王』です。
3分冊のボリュームがあります。

主人公の海王は、海の商人として
生きていこうとするのですが、
その血統により、戦国時代の
さまざまな事件に巻き込まれてしまうという
簡単にいえば、そんなストーリーです。

この作品は『剣豪将軍義輝』の続編のような
位置づけになり、この『剣豪将軍義輝』と
それに続く『将軍の星』を読んでから
読めば、話がよくわかると思います。

というより、ほとんど必須と言っていいでしょうか。
海王だけでは、なかなか分からないのでは?
と思いますね。
宮本昌孝作品の『天空の陣風』です。
『陣借り平助』の続編で、連作短編集です。

戦国時代に傭兵として活躍したという
魔羅賀平助が主人公です。
続編では、女性に対する「陣借り」で
弱い立場を守っていく話が
いくつも出てきます。

この続編に登場する人物としては
竹中半兵衛、宇佐美定満、山中鹿之介など
メジャーとはいえないまでも、
この時代が好きな人なら知っている武将たちが
登場するのも面白いところではないでしょうか。

そして、作者の出世作『剣豪将軍義輝』にも
関連する人たちも顔を出します。
そういう意味でも、ファンには楽しい
作品ではないでしょうか。
2013.10.31 陣借り平助
宮本昌孝作品の連作短編『陣借り平助』です。
つい最近まで知らなかったのですが、
続編が出ていると知り、急いで購入。
まずは、こちらから読みました。

陣借り平助こと魔羅賀平助は
愛馬「丹楓」とともに、
劣勢の勢力に味方する傭兵です。

日本全国で争いの絶えない戦国時代。
特定の主人を持たない平助は
厳島、桶狭間や川中島など
この時代の有名な合戦に顔を出していきます。

実在の人物たちに混ざって、
架空の人物が縦横無尽に活躍する
エンターテイメント性に満ちた作品です。
『中国英傑伝』ではほとんど触れられなった
中国の戦国時代を扱った作品から
宮城谷昌光作品の『青雲はるかに』です。

范雎という魏に生まれた大才が
スパイ容疑をかけられて、
便所に落とされてしまうという屈辱を受け、
そこから這い上がって復讐を果たすという
ストーリーです。
まあ、ストーリーというか実話なんですが。

復讐といっても、単に仇を討つというのではなく
秦の国の宰相になって、魏の国を討ち
汚名をかけた当事者を失脚させるという
大変困難な復讐を果たします。

基本的に、この作者の男女の機微に関する文章は
わたしにとっては難しすぎるのですが
この作品はそのような場面が多かったです。
でも、ストーリーがストーリーだけに
非常に楽しく読めました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。