上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浅田次郎、新選組三部作の最後の作品です。

一刀斎というのは逆から読むと、斎藤一のこと。
新選組の居合の名人が主人公です。
上下巻ありますが、一気に読んでしまいました。

新選組結成から西南戦争までが描かれています。
わたしの所持している新選組関連作品で
西南戦争まで時代が及んでいるのは、初めてです。

ストーリーテラーは斎藤一本人で、
明治から大正への変わり目に
近衛兵の梶原中尉を話し相手として独白していく形で進んでいきます。
梶原中尉と一緒に、読んでいる側も引き込まれていく感覚でした。

エンディングは、個人的にはあまりしっくりきませんでして、
そこが玉にキズのような気がしますが、
面白い作品であることは間違いないのではないか、と思います。
スポンサーサイト
『天地明察』は、冲方丁の作品です。
まず、作者の名前が読めませんよね。
「うぶかた とう」と読むのだそうです。

数学が、生業の囲碁よりも好きという
安井算哲こと渋川春海が
困難や挫折を乗り越えて、日本独自の
暦を作るまでを描いた作品です。

『樅ノ木は残った』と同時代の作品ですが、
和算を確立した関孝和も同時代に活躍したんですね。
ちなみに、下馬将軍の酒井忠清は
この『天地明察』でも重要な役割を果たしています。

身分制の江戸時代。職業も世襲が建前ですが、
「大和暦」の確立は、渋川春海の身分も
引き上げることになりました。
そういうことがサラッと書かれているのも
好感が持てましたし、
非常に読みやすい作品です。
伊東潤作品が続きます。
といっても、手持ちの文庫が
ほぼ紹介済みとなってしまい、
他作品を渉猟しながら
入手作品を紹介していますので、
更新が滞りがちになってます。

伊東潤作品『黒南風の海』です。
南風と書いて、「はえ」と読みます。
副題は「「文禄・慶長の役」異聞」と付けられています。

前半は加藤清正配下の佐屋嘉兵衛、
後半は朝鮮の役人、金宦が主人公です。
この2人は、日本の捕虜と朝鮮の捕虜となり
祖国を捨て、敵国で戦争を終わらせるための
努力をすることになります。

この作者の作品は、小説ながら
戦争の悲惨さが克明に描写されます。
ましてや、大義なき戦いとして有名な
太閤秀吉による朝鮮戦役です。

他国への侵略に釈然としないものを
抱える佐屋嘉兵衛、
祖国を守り抜こうとする金宦の
過酷な運命が読み応えあります。
伊東潤作品の『山河果てるとも』。
副題は「天正伊賀悲雲録」です。
悲運ではなく悲雲というのが
ミソなのかと思っていますが
結局読み終わっても、わかりませんでした。

伊賀の国が織田軍に攻められるにあたって
伊賀を守ろうとする者、織田軍に通じる者
政略結婚をさせられる者・・・と
色々な登場人物の視点で
物語は進んでいきます。

織田方に通じたものの
次は先頭に立ってかつての仲間を攻めるとか
織田方寄りの意見を持っていたものが
ハラを決めて武器をとっても、
戦局が悪くなってくると
周囲の疑心暗鬼にさらされるとか
戦争の実態が克明に描かれており、
かなりリアルでシリアスな内容です。

それから、
伊賀忍者は出てきません。
それを期待しているとアテが外れます。

重い内容の作品ですが、
人間心理の洞察にすぐれた作品だと思います。
植松三十里作品の『咸臨丸、サンフランシスコにて』。
もともとは『桑港にて』がタイトルだったようですが
文庫化にあたって改題したようです。

『咸臨丸、サンフランシスコにて』
『咸臨丸のかたりべ』

この2つの作品が収録されています。

水夫を主人公に据えた視点からの
咸臨丸の太平洋横断。
航海だけではなく、現地での様子など
非常に興味深く読めました。
まあ、小説なのですがとても
リアリティがあるというか、丹念に
調べられたんだな、と感じます。

それから、『咸臨丸のかたりべ』は
現存する咸臨丸関連の第一級史料を
残すことに尽力した、文倉平次郎の話です。

この2つの作品が収録されていることで
より面白さが引き出されているように思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。