上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火坂雅志の剣豪小説集『武蔵と無二斎』です。
戦国時代から江戸時代にかけての
剣豪たちの短編小説が集められています。

『武蔵と無二斎』
『鬼の髪』
『殺活』
『卜伝峰入り』
『一の太刀』
『あばれ絵師』
『柳生殺人刀』

はじめの2作品は宮本武蔵
『殺活』が組みうちの名人竹内久勝、
『卜伝峰入り』は剣豪の塚原卜伝、
『一の太刀』は北畠具教から
秘伝を伝授された大名の田丸直昌、
『あばれ絵師』は斎藤利三との
友情を交わした海北友松、
最後の作品は、柳生源之丞というように
それぞれのエピソードに
剣士たちの姿が描かれています。

このなかでは、『一の太刀』がいちおしです。
小大名の悲哀や剣豪であることと
世渡りのうまさはあまり関係がないこと
そして、正直に生きるための
武士の意地が描かれています。
スポンサーサイト
火坂雅志作品の『太平記鬼伝』です。
副題が児島高徳ということで、
南北朝時代の南朝方が中心に描かれています。

しかも、児島高徳で有名な桜の木に
十文字の漢詩を書いたところは、
カットされており、
その後の後醍醐天皇奪還から始まります。

建武新政で論功から外されたり、
湊川の前哨戦でけがを負ったりと
太平記の世界で言う、メインどころから
外されっぱなしな感じもありますが、
逆にそれが真実っぽいです。

山伏勢力を生かして
南朝方に貢献する児島高徳。
裏切りが当たり前の世の中で
一人、節を守り通します。

実のところ、実在さえ疑われているようで
戦前は論争まであったようです。
そんな人物を主人公に据えた
作者の心意気がうかがわれます。

足利、楠木などとは一味違った
側面からの南北朝時代を知りたい人には、
おススメかもしれません。
火坂雅志作品の『覇商の門』です。
戦国時代に活躍した堺商人の今井宗久が
主人公に据えられています。

早くから鉄砲に目をつけ、
武器商人として成功していく宗久ですが、
成り上がるためには手段を択ばないという
なかなかのダーティーヒーローです。
そして、織田信長に目をつけ、
資金面で織田信長を支えます。

徒手空拳の若者がときに失敗、
ときに挫折しながらも大商人をめざす
前半部分がおもしろいです。

経済から見る戦国時代。
興味ある方はぜひ、どうぞ。
2012.05.05 『壮心の夢』
火坂雅志作品の短編集『壮心の夢』です。
14の短編が収められています。
安土桃山時代に生きた14人の人物が
取り上げられています。

『うずくまる』(荒木村重)
『桃源』(赤松広通)
『おらんだ櫓』(亀井滋〈←のさんずいなし〉矩)
『抜擢』(木村吉清)
『花は散るものを』(蒲生氏郷)
『幻の軍師』(神子田正治)
『男たちの渇き』(前野長康)
『冥府の花』(木下吉隆)
『武装商人』(今井宗久)
『盗っ人宗湛』(神屋宗湛)
『石鹸(シャボン)』(石田三成)
『おさかべ姫』(池田輝政)
『天神の裔』(菅道長)
『老将』(和久宗是)

羅列になってしまいましたが、
ご覧の通り、有名無名の武将たちが
活躍しております。
なかでも面白かったのは『うずくまる』、
『桃源』『抜擢』『天神の裔』あたりでしょうか。

お気に入りの人物を探すのも
楽しいかもしれないですね。
2012.01.13 『利休椿』
火坂雅志作品の短編集『利休椿』です。
7つの作品が収録されています。

『山三の恋』
『関寺小町』
『辻が花』
『天下百韻』
『包丁奥義』
『笑うて候』
『利休椿』

能、染め、連歌、料理、咄、茶と
安土桃山時代の文化的な側面を
支えた作品が並んでいます。
『山三の恋』だけは少し違うかもしれませんが
舞で有名な名古屋山三郎が主人公ですし。

中でも面白かったのは、『辻が花』。
一目ぼれをしてしまった上臈のために
辻が花染めをするため、命を懸けて
幻の花「天女花」を探す染め師の話です。
また、表題作『利休椿』は、
椿作りの名人、又佐が紫の椿を探して
因縁深い故郷に戻るというストーリーです。

火坂作品は長編のほうが有名な作品が多いと思いますが、
短編もけっこうおもしろいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。